あったかみささでこそだて

子どもが欲しい

不妊治療やクリニックのご案内、妊娠に関する各種相談のご案内です。

妊娠するってこんなこと

更新日 : 2015-12-17

妊娠初期

赤ちゃんの健康も考えながら、食事や休息など身体への配慮が必要な時期ですが、特に働く妊婦さんにとっては仕事のペースを変え る事が難しい時期でもあります。「疲れやすい」、「お腹が痛い」、「イライラして精神的に不安定になる」など身体のサインに耳を傾けて。

妊娠中期

「安定期」に入り、赤ちゃんの動きが活発になります。母になる気持ちが一層強くなる時期ですね。この時期こそ自分の食事内容のバ ランス、生活リズムを見直すチャンス!
出産後の赤ちゃんとの生活をパートナーとイメージしておくと良いですね。

妊娠後期

出産に向けて心と身体の準備を整える時期です。特に出産に向けて身体が大きく変化しますので、運動と休養のバランスのとれた生活を送りましょう。町、病院で実施している出産準備教室にも積極的に参加し、妊婦さん同士の交流を図ることもオススメです。

あなたはどんなパパになる?

10年後、20年後、あなたはわが子とどんな関係でいたいですか?
一緒に遊ぶ、お風呂に入る、お酒を酌み交わす、「パパ大好き」って言われたい……。
わが子にとって最高のパパは、きっとママにとっても最高の夫になるはずです。
「子育てには関心があるけど、仕事が忙しくて……」と思っているパパ。
「パパへの道も一歩から」できることから始めてみませんか?

イクメンとは...こんなパパのことです!

  • 積極的に子育てに参加する
  • 子育てを楽しむ
  • 子育てを通じて自分も成長しようとする

ママたちの声 『パパへの注文5か条』

一、子育てをする
お風呂、うんちのオムツ替え、寝かしつけ、夜泣きの対応など。
一、自分の事は自分でする
早起き、衣類の始末、食後の片付けなど。
一、パパと子どもだけで過ごす時間をつくる
子どもと公園に出かけるなど、時にはママ1人の時間をつくりましょう。
一、夫婦のコミュニケーションの時間を持つ
話を聞いて、一緒に考えて、時にはねぎらいのことばをかけて。パパが一番身近な理解者になると嬉しいですね。
一、休日は家族で出かけたい
できれば平日もなるべく早く帰ってきてほしいですね。

先輩イクメンの声

  • 1児のパパ(29歳)
    仕事が忙しく、平日も休日も子どもと接する時間はごくわずか。妻からは「期待してないよ(笑)」と理解してもらっているようないないような…。でも久しぶりだから感じられるわが子の成長や新しい発見もあります。子どもの成長を絶えず気にすること、妻にはねぎらいの言葉をかけることを心掛けています。
  • 2児のパパ(35歳)
    仕事で帰りが遅い時は妻が一人で2人の子どもをお風呂に入れています。普段、帰れるときは私が上の子、妻が下の子をお風呂に入れますが、休日など時間がある時は、妻が一人でゆっくりお風呂に入る時間をつくるようにしています。

ちょっと一息

保健師さんの本音

あなたのリラックスできる時間はどんな時ですか?
おいしいものを食べる? 大きな声を出す?友達とのおしゃべり?
自分がリラックスできる方法を知っておくことは、妊娠中の不安定な心の変化、これから始まる子育てにきっと役に立つはずです。呼吸法やアロマ、散歩、読書など気軽に始めてみられてはいかがでしょう。

ミササラドン LINEスタンプできました!
我が家のアイドル募集中!
おねがい! まかせて! 困ったときはおたがいさま! Family Support Center ファミサポ ネットで予約
アンケートにご協力ください ご意見、ご要望をお待ちしております。
このページの先頭へ