新着情報

支援情報、イベント、交流、施設情報、緊急情報のご案内です。

10月1日から幼児教育・保育無償化が始まります

配信日:令和元年6月24日

更新日 : 2019-07-10

 令和元年10月1日から幼児教育・保育の無償化の開始により、対象となる子どもの保育所・認定こども園等の利用料が無償となります。いずれの施設をご利用の場合も、給食費・延長保育料・教材費等は無償化の対象外となります。

 参考リンク(内閣府)

   子ども子育て本部

   幼児教育の無償化に関する住民向け資料

 

無償化の対象となる範囲

 

  保育所、認定こども園、幼稚園等

○  保育所、認定こども園、幼稚園等を利用する3歳から5歳までの全ての子どもの利用料が無料になります。

○  0歳から2歳までの子どもについては、住民税非課税世帯を対象として利用料が無料になります。

○  保育所、認定こども園、幼稚園に加え、地域型保育、企業主導型保育事業(標準的な利用料)も同様に無料になります。

 

 幼稚園の預かり保育

○  対象となるためには、町から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

○  幼稚園の利用に加え、利用日数に応じて、最大月額1.13万円までの範囲で預かり保育の利用料が無料になります。

 

 認可外保育施設等

○  対象となるためには、町から「保育の必要性の認定」を受ける必要があります。

○  3歳から5歳までの子どもは月額3.7万円まで、0歳から2歳までの住民税非課税世帯の子どもは月額4.2万円までの利用料が無料になります。

○  認可外保育施設に加え、一時預かり事業、病児保育事業、ファミリー・サポート・センター事業も対象となります。

 

障がい児通所施設

○ 3歳児(年少児:3歳になった以後最初の4月)から5歳児(年長児:就学前)の子どもの利用料が無償となります。

○ 保育所や認定こども園等と併用する場合も無償化の対象となります。

 

無償化の対象とならない範囲

○ 延長保育料は無償化の対象外となります。

○ 実費として徴収される費用(給食費、教材費、通園費など)は無償化の対象外となります。

 

 <給食費の実費徴収について>

3歳児から5歳児の子どもの保育料の中に含まれていた給食費は無償化の対象外となり、各施設による実費徴収となります。(0歳児から2歳児の給食費は、従来どおり保育料の中に含まれます。)

※ ただし、世帯状況(所得階層、世帯構成等)により免除となる場合もあります。

 

≪参考≫

 町内入所者向けチラシ

   町外園入所者向けチラシ

  

<問合せ先>

三朝町 町民課 子ども支援室

電話 43-3505

ミササラドン LINEスタンプできました!
我が家のアイドル募集中!
おねがい! まかせて! 困ったときはおたがいさま! Family Support Center ファミサポ ネットで予約
アンケートにご協力ください ご意見、ご要望をお待ちしております。
このページの先頭へ